1. TOP
  2. 展覧会
  3. 漫画 原画展
  4. デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」

デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」

デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」

人気漫画家のひとり萩尾望都先生。デビュー50周年を記念して代表作「ポーの一族」を中心に、50年の軌跡をたどる原画展を開催。展覧会オリジナルグッズも登場!

少女マンガに革新をもたらした萩尾望都さんの代表作「ポーの一族」。バンパネラ(吸血鬼)の一族に加えられ、少年の姿のまま永遠の旅を続ける主人公・エドガーの哀しみを描いたこの作品は、1972年の第1作から多くの読者を魅了してきました。2016年に40年ぶりのシリーズ新作が発表され、2018年には宝塚歌劇団が満を持して舞台化するなど、今なお世代を超えて読み継がれています。

本展ではデビュー50周年を記念し、「ポーの一族」シリーズ最新作や本展のための描き下ろしを含む原画、予告カットなど200点以上を展観します。さらに宝塚歌劇公演の衣装・小道具も特別展示し、夢のステージを再現します。また「トーマの心臓」をはじめとする名作の数々を紹介するほか、執筆風景やスケッチブックも公開し、他分野にも多大な影響を及ぼした「萩尾望都の世界」の魅力に迫ります。

 

「ポーの一族」とは

萩尾望都先生の代表作「ポーの一族」。バンパネラ(吸血鬼)となって永遠に少年の姿のまま生きていく運命の主人公・エドガーが、妹のメリーベルや友人アランとともに時空を超えて旅を続ける哀しみを描いた物語です。

200点以上 萩尾望都の原画作品を展示

1972年に発表されて以来、多くの読者を魅了し長年にわたり読み継がれてきました。同展は、萩尾先生のデビュー50周年を記念して開催されます。

会場では、「ポーの一族」を中心に、40年ぶりのシリーズ新作「春の夢」や「トーマの心臓」ほか数々の名作などもあわせ、200点以上の原画作品を展示。

萩尾望都(はぎお・もと)

1949年、福岡県生まれ。1969年「ルルとミミ」でデビュー。1972年「ポーの一族」シリーズ連載開始。1976年小学館漫画賞、2006年日本SF大賞、2016年度朝日賞ほか受賞多数。2012年紫綬褒章受章。代表作に「トーマの心臓」「11人いる!」「残酷な神が支配する」「バルバラ異界」など。

萩尾望都(はぎお・もと)

宝塚歌劇の花組公演「ポーの一族」

また、宝塚歌劇の花組公演「ポーの一族」から衣装や小道具なども登場。さらに、チケットファイルやコンパクトミラー、ローズフレーバーティーや復刻版風呂敷など、展覧会オリジナルグッズも購入することが可能です。

萩尾先生のそれぞれの作品にときめいたあの日、あの時を、銀座で振り返ることができる展覧会となります。

イベント名 デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」
開催期間 2019/07/25(木) ~ 2019/08/06(火)
最寄り駅 銀座駅(徒歩1分) / 銀座一丁目駅(徒歩3分) / 東銀座駅(徒歩3分) / 有楽町駅(徒歩8分)
会場 松屋銀座 8F イベントスクエア
時間 開始:10:00
終了:20:00
備考:
7/26(金)は20:30分まで
7/28(日)、8/4(日)は19:30まで
最終日(8/6(火))は17:00閉場
※入場はいずれも閉場の30分前まで
料金・費用 一般 1,000(700)円、高校生 700(500)円、中学生 500(400)円、小学生 300(300)円
※( )内は前売り料金●前売り券情報:ヤフーパスマーケット、ローソンチケット(L コード32100)、セブンイレブンにて7/24まで販売予定
お問い合わせ 松屋銀座(大代表)
電話番号:03-3567-1211
主催 主催:朝日新聞社
総監修:萩尾望都
特別協力:小学館
協力:宝塚歌劇団、秋田書店、講談社、集英社、新書館、白泉社
オフィシャル
サイト
デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」

\ SNSでシェアしよう! /

銀座マップ THE銀座の注目記事を受け取ろう

デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

銀座マップ THE銀座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!