1. TOP
  2. 観劇・ダンス・ミュージカル
  3. ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019
  4. ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019 TOKYO 2019

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019 TOKYO 2019

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

世界中から一流の音楽家がやってくる!フランス発・世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」。

2019年5月3日(金・祝)から5月5日(日・祝)のゴールデンウィークの3日間、世界最大級のクラシック音楽祭が開催されます。東京国際フォーラムを中心に、大手町・丸の内・有楽町、京橋、銀座、日本橋、日比谷エリアを舞台に、期間中は街全体が音楽でいっぱいに!

名だたる音楽家の演奏を低価格で楽しめる貴重な催しです。

「クラシックは敷居が高い」と思っている人でも、ピクニックに出かけるような気分で音楽を楽しめるチャンスです。

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

■15回目を迎える今年のテーマは「Carnets de voyage ーボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」。有名な作曲家たちが旅先で書き上げた名作を、一流の音楽家が奏でます。

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

◎「ラ・フォル・ジュルネ」(LFJ)とは……
1995年フランス西部の港町ナントで「クラシックの民主化」を掲げて誕生したクラシック音楽祭。世界中からアーティストが集い、一流の演奏を、1公演約45分、低料金で、朝から晩まで繰り広げる。日本では、2005年から毎年ゴールデンウィークに東京国際フォーラムで開催。有料公演のほか、誰でも気軽に演奏を楽しめる地上広場でのコンサートなどのオープンプログラム、有料公演チケット(及び半券)の提示で参加できる数々の無料イベントが行われ、子どもから大人まで楽しめます。

◎「ラ・フォル・ジュルネ」のネーミングの由来
1995年に誕生した音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」。初めてルネ・マルタンがこのイベントを企画したときに複数の会場で2日間、24時間絶え間なくコンサートを開催し、祝祭的な音楽祭を催したいという想いがありました。イベント名はボーマルシェの戯曲「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)、あるいはフィガロの結婚」にインスピレーションを得たことに由来します。

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

【公演数】
約320公演/有料公演 約124公演、無料公演 約200公演

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

開催期間 2019/05/03(金・祝)~2019/05/05(日・祝)
最寄り駅 有楽町駅(徒歩1分) / 二重橋前〈丸の内〉駅(徒歩5分) /
日比谷駅(徒歩5分) / 銀座駅(徒歩5分) /東京駅(徒歩5分)
会場 東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町、京橋、銀座、日本橋、日比谷
料金・費用 ■チケット
◇チケットぴあ、LFJチケット販売サイトで販売中
◇窓口販売:
東京国際フォーラム地上広場ボックスオフィス(11:00~19:00 〔~5月2日(木・休)〕)
東京国際フォーラムガラス棟地下1階・チケットオフィス(5月2日(木・休)14:00~5月5日(日・祝)21:30)
主催・協力 ラ・フォル・ジュルネTOKYO運営委員会
(株式会社KAJIMOTO/株式会社東京国際フォーラム/三菱地所株式会社)

\ SNSでシェアしよう! /

銀座マップ THE銀座の注目記事を受け取ろう

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

銀座マップ THE銀座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Hibiya Festival 演劇やダンス、舞踊、ミュージカルなど、多彩な舞台芸術が楽しめるフェス